キヨモト

ホームに戻る



会社案内

新着情報

お問合せ

サイトマップ

リンク



会社概要

会社沿革

事業内容

関連会社一覧

環境への取り組み

アクセスマップ

リクルート情報





会社沿革

会社沿革


1930

1937年 2月

前社長清本国義が独立して清本鉄工所を創設する。




1940

1941年 4月

旭化成工業(株)より協力工場の指名を受け、紡糸機制作、据付各種配管工事、製缶工事を施工する。

1948年 5月

組織を法人に改め、株式会社清本鐵工所として発足する。




1950

1959年 8月

佐賀県武雄市に工場敷地5,000坪を有する鋳鋼工場を買収し、普通鋳鋼・特殊鋳鋼・耐熱耐酸耐摩耗鋳鋼の鋳造加工を行う。




1960

1964年 5月

日向・延岡地区新産都市開発に対処するため、延岡工場の移転拡張合理化工事に着手する。

1966年 7月

延岡工場の移転拡張合理化工事を完成する。




1970

1970年 4月

岡山県倉敷市に倉敷事業所を開設し、旭化成水島コンビナート工場群のメンテナンス業務を開始する。

1971年 1月

佐賀支店において佐賀県杵島郡山内町に工場敷地66,000m2、鋼塊月産20,000トンの山内工場を完成する。

1973年 2月

山内工場に鋳鋼工場を移転新設し月産600トンに増強する。

8月

米国SPキニーエンジニアーズ社と、給排水濾過装置についての技術提携を行い、100%出資会社、清本キニー(株)を設立し、セルフクリーニングストレーナーの製造、販売を開始する。

9月

通産省、電気事業法及びガス事業法の溶接方法の認可を取得する。

1975年 2月

大分臨海工業地区の得意先の要請に応え大分出張所を開設する。




1980

1983年 4月

旭化成富士支社内に富士事業所を開設する。

1988年 1月

旭化成住宅事業部へーベル住宅建設の進出に伴い関東事業所を開設する。

1989年 8月

清本日築株式会社を吸収合併し、東京事業所を開設する。




1990

1991年 1月

延岡工場に橋梁専門工場が完成する。

1992年 12月

メンテナンス大武工場が完成する。

1993年 4月

CI(コーポレート・アイデンティティ)を導入。 経営理念および社名ロゴ、シンボルマーク、コーポレートカラー等制定する。

6月

通産省、電気事業法による原子力溶接許可工場の指定をうける。

1994年 6月

科学技術庁より核原料物質及び原子炉の規制に関する加工施設及び再処理施設に係る溶接方法の認可をうける。

1995年 1月

アンカー生産が1万個を達成。

1996年 1月

干支大橋 土木学会田中賞を受賞。

11月

真崎伝 日本鋳鍛鋼会表彰さる。

1997年 4月

中国に大連清本鉄工有限公司が設立。
人権啓発推進モデル企業に指定さる。

1998年 4月

ISO9001を取得。

1999年 10月

本社工場にステンレス工場完成する。



ホーム会社案内会社沿革



清本鐵工株式会社ウェブページに掲載されている写真等の情報は、無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。