SCROLL

PAGE TOP

導入事例 ⁄その他

鋳鋼部品

鋳鋼事業本部は、1959年(昭和34年)佐賀県武雄市に誕生した工場から始まりました。

国内の武雄工場(佐賀県武雄市)、伊万里工場(佐賀県伊万里市)のみならず、海外の大連工場(大連清本鉄工・中国大連市)を含めた3拠点体制で、高クオリティーな鋳鋼品を製造する清本鐵工。

溶接補修の技術者の持つ高い技術能力の元、品質の高い「ものづくり」を行なっております。

要望

・「品質が高く、納期は早く、価格は予算に合うもの」を望まれます。
・他社製造の製品に欠陥(不具合)が発生した際の補修を望まれます。

強み

・国内のみならず海外にも工場を保有する清本鐵工では、製品を作るにあたり最適な環境を持つ工場を選ぶことで対応を行います。(結果:高品質・短納期の実現を行います。)
・20トン、40トンの電気炉を自社で保有しております。
・自社で導入した製品はもちろん、他社製品のメンテンナンスについても対応を行います。
・鋳鋼品は製造過程で、どうしてもバラつきが発生するが、それらを整える溶接補修の技術者が在籍していることで、よりクオリティーの高い納品物として対応を行います。

効果

・品質が高い製品(納品物)おかげで、不具合を減らすことが実現できました。

CONTACT

キヨモトへのお問い合わせについては、
以下よりご連絡ください。