キヨモト

ホームに戻る



会社案内

新着情報

お問合せ

サイトマップ

リンク



会社概要

会社沿革

事業内容

  ├ 圧力容器
  ├ 発電用設備
  ├ 上水設備
  ├ 空調衛生設備
  ├ 水門・除塵機
  ├ 小規模下水処理設備
  ├ タイムカプセル
  ├ ストレーナー
  ├ 橋梁及び鋼構造物
  ├ 食品機器
  ├ 竹製品装置
  ├ メンテナンス事業
  ├ 鋳造品
  ├ 舶用部品
  ├ 陸用部品
  ├ 生産能力
  ├ 船舶用アンカー
  ├ 船舶用鋳鋼品
  ├ 工業用鋳鋼品
  ├ 鋳造部品全般
  └ 認定船級協会

関連会社一覧

環境への取り組み

アクセスマップ

リクルート情報



橋梁

橋梁鉄構事業部は、平成6年4月より製品事業本部の一事業部としてスタート。 橋梁の実績は既に20数年余りになろうとしている。現在は、年間1500トンの橋梁、大型照明鉄塔、その他鋼構造物を設計から、製作、現地架設まで一貫した体制で施工。現在まで施行した橋梁形式も多種にわたり、鈑桁、箱桁、鋼床版桁、トラス桁、ランガー桁、ニールセンとすべての構造形式を製作、架設。鋼構造物においても福岡東平尾競技場を代表として数々の大型照明鉄塔。また98年に長野で行われた冬期オリンピックに使用されたジャンプ台の製作などの実績を誇る。さらに木橋や海洋構造物を手がけ、新しい分野への進出を図る。

主要営業品目
・橋梁 ・大型照明鉄塔 ・その他鋼構造物

主要客先
・宮崎県 ・国土交通省 ・日本道路公団
・福岡北九州高速道路公社 ・宮崎県内各市町村







干支大橋



夢の大橋



かりこぼうず大橋



田代八重大橋



東平尾公園





神武大橋



楠見大橋



吾味橋



長野ジャンプ台



ポンツーン


最近の主な施工実績

 橋名
 完成年
 発注者
 型式
 橋長
 鋼重
 田代八重橋
 H02年
 宮崎県企業局
 2径間連続上路式ワーレントラス
125.7m 
159t 
 田代八重大橋
 H02年
 宮崎県企業局
 ニールセンローゼ
153.0m 
644t 
 五ヶ瀬橋
 H05年
 延岡市
 3径間連続非合成鈑桁
117.5m 
346t 
 神武大橋
 H06年
 宮崎県西諸県農林振興局
 上路式アーチ
109.0m 
233t 
 干支大橋
 H07年
 宮崎県延岡土木
 中路式ブレースドリブアーチ
385.0m 
385t 
 夢の大橋
 H08年
 宮崎県日向土木
 ランガートラス+箱桁+鈑桁
270.0m 
351t 
 吾味橋
 H08年
 日之影町
 下路式ランガー
112.0m 
329t 
 天神橋
 H09年
 宮崎県日向土木
 2径間連続非合成鈑桁
67.0m 
189t 
 熊本空港IC橋
 H10年
 JH九州支社
 鋼単純非合成鈑桁
36.9m 
161t 
 向田横断歩道橋
 H10年
 建設省鹿児島国道工事
 鋼床版鈑桁ラーメン橋
51.5m 
68t 
 磐戸橋(上り線)
 H11年
 宮崎県宮崎土木
 2径間連続非合成箱桁+4径間連続非合成鈑桁
310.0m 
470t 
 中八重橋
 H12年
 九州電力
 3径間連続非合成鈑桁
122.0m 
204t 
 内の丸川橋外2橋
 H12年
 JH九州支社
 単純合成鈑桁
48.5m 
151t 
 城ヶ下橋
 H12年
 宮崎県宮崎土木
 単純非合成鈑桁
47.5m 
531t 
 篠栗北横断歩道橋
 H12年
 建設省福岡国道工事
 鋼床版箱桁ラーメン橋
100.3m 
198t 
 丸葉橋
 H13年
 国土交通省嘉瀬川ダム工事
 単純合成鈑桁
29.5m 
46t 
 福重高架橋
 H13年
 福岡北九州高速道路公社
 5径間連続非合成箱桁+3径間連続非合成箱桁
396.4m 
500t 
 磐戸橋(下り線)
 H13年
 宮崎県宮崎土木
 2径間連続非合成箱桁+4径間連続非合成鈑桁
310.0m 
507t 
 楠見大橋
 H14年
 宮崎県中部農林振興局
 4径間連続鋼床版鈑桁
202.0m 
643t 
 水辺の楽校横断歩道橋
 H14年
 宮崎市
 単純鋼床版箱桁
22.3m 
24t 
 新古園橋
 H15年
 宮崎県西臼杵支庁
 単純非合成鈑桁+単純非合成箱桁
74.5m 
301t 
 寺畑谷橋
 H15年
 国土交通省延岡工事
 単純非合成箱桁
57.0m 
260t 
 かりこぼうず大橋
 H15年
 宮崎県児湯農林振興局
 キングポストトラス3連+単純ばん桁
140.0m 
木橋 
 東大宮歩道橋
 H16年
 宮崎市
 単純鋼床版箱桁
27.0m 
40t 


ホーム会社情報事業案内橋梁



清本鐵工株式会社ウェブページに掲載されている写真等の情報は、無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。