キヨモト

ホームに戻る



会社案内

新着情報

お問合せ

サイトマップ

リンク



会社概要

会社沿革

事業内容

  ├ 圧力容器
  ├ 発電用設備
  ├ 上水設備
  ├ 空調衛生設備
  ├ 水門・除塵機
  ├ 小規模下水処理設備
  ├ タイムカプセル
  ├ ストレーナー
  ├ 橋梁及び鋼構造物
  ├ 食品機器
  ├ 竹製品装置
  ├ メンテナンス事業
  ├ 鋳造品
  ├ 船用部品
  ├ 陸用部品
  ├ 生産能力
  ├ 船舶用アンカー
  ├ 船舶用鋳鋼品
  ├ 工業用鋳鋼品
  ├ 鋳造部品全般
  └ 認定船級協会

関連会社一覧

環境への取り組み

アクセスマップ

リクルート情報



清本鐵工株式会社 佐賀支社


佐賀の工場、中国・大連の工場で、鋳鋼の専門メーカーとして、よりよい製品の生産に努力を重ねてまいりました。
お陰をもちまして、現在では、日本で『トップクラスの「手込め(造型方法)」鋳鋼品のメーカー』との評価を頂いています。今後も、長年にわたって培って参りました技術と経験、お客様からの信頼をもとに、さらに技術の革新に努め、 徹底した品質管理体制の下で、皆様のご要望に応えるべく、全力を挙げて取り組んで参ります。

私たちは、日・中・韓に生産拠点を有する『東アジア圏で有数の鋳鋼メーカー』を目指しています。  また、鋳造品全般=鋳鉄、ダクタイル鋳鉄、銅合金など、鋳鋼以外の鋳造製品も、取り組んでいます。 国内のパートナーファクトリー、中国や韓国のパートナーファクトリーとタイアップし、お客様のご要望にお応えします。

これからも尚一層の、ご指導とご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

◆舶用部品
舶用機関
ディーゼルエンジン チェンホイル、クランクピン軸受け、滑り金、軸受台
舶用発電機 高圧側車室、低圧側車室、軸受け

船体用素材
船尾品 プロペラボス、ラダーホーン
舵金物 舵用キャスティング

舶用機器素材
甲板機械 チェンドラム、クラッチ、チェンストッパー
減揺装置 ハウジング、フラップ他スタビライザー用鋳鋼素材
舵取装置 舵柄

係船金物
係船金物 ベルマウス、デッキピース、サンケンビット
チョック類 パナマチョック、クロズドチョック、オープンチョック

アンカー AC14アンカー、JISアンカー、ダンフォースタイプアンカー
  ※工場認定取得済みの船級協会についてはこちらをご覧下さい。


◆陸用部品

自動車関連設備
タイヤ成型機 クランクギヤー、押さえ金物
射出成型機 フレーム

石油化学設備
樹脂混錬造粒機 チャンバー、ホッパーセクション、ウォーターエンドフレーム
空気圧縮機 ケーシング

発電設備
蒸気タービン 軸受け
ガスタービン タービン車室、軸受け台、翼根リング
風力発電機 ロータヘッド、ナセル

製鉄設備
高炉部品 炉頂装置部品、羽口金物
混銑台車 トラニオン軸、側枠
送風機 ブロア用ボス
圧延機 スタンド、チョック、軸受け
鋼滓鍋 各種スラグポット
矯正機 フレーム

セメント機械設備
焼成機 粉砕機ガースギヤー、トラニオンヘッド、タイヤ、ローラー、ベアリングハウジング
破砕機 コーンクラッシャー上部フレーム、下部フレーム、コンケーブ
ジョークラッシャー スイングジョー、トグルブロック
インパクト クラッシャーハンマー、ロータ

その他産業機械
水動力計 ローター、ステータ、カップリング
鍛造・圧造機械 フレーム、マニピュレーター部品
プレス 金型、フレーム、シリンダ

橋梁、水門
橋梁 沓、支承
水門 ローラ、ドラムギヤー

建築用
建築用 プレート、ノード、支圧板

港湾土木
港湾資材 係船柱
浚渫土木 砕岩棒、バスケット用リップ、ワイヤシーブ

◆生産能力
佐賀工場;800ton/月  中国・大連工場;800ton/月  最大鋳放単重=60ton

生産鋼種;JIS G5101=種類の記号 ;SC・・・
生産鋼種;JIS G5102=種類の記号 ;SCW・・・
生産鋼種;JIS G5111=種類の記号 ;SCC・・、SCMn・・、SCSiMn・・、SCMnCr・・、SCCrM・・、SCMnCrM・・、SCNiCrM・・
生産鋼種;JIS G5151=種類の記号 ;SCPH・・
※JIS種類の記号に「・・・」とあるのは、強度を表す数値などが記載されています。
他、各種、お客様のご要望、仕様に合わせ製造いたします。

船舶用アンカー























平成3年、佐賀支社鋳鋼部門の中心事業である船舶部品の製造において、未曾有の受注話が持ち上がっていた。
それは、70tという世界最大のジャンボアンカーを、山内工場(佐賀工場)で製作してくれないか、と言う話であった。
発注元は東京湾横断道路建設工事局で、川崎と木更津を結ぶ夢の掛橋「東京湾横断道路(後にアクアラインと称される)」建設工事用の、足場を固定するためのものであった。





これは、佐賀支社にとっては必ずしも嬉しい話ではなかった。モノは大きいが、特注でそれを作るとなると、ラインを止めて他の仕事を一時ストップしなければならない。佐賀支社の幹部は難色を示した。
しかし、物理的にこれを作れるのは、全国を探しても清本鐵工山内工場しかありえない。製造だけを問題にするなら大きな鋳鋼工場のどこでも作れるが、製品を検査する大規模検査場は山内にしかない。発注元は説得に努めた。佐賀支社の幹部も考えを変えた。なんといっても公共工事である。有形無形の援助の約束を取付けて、遂に山内工場で8基の世界最大のアンカーが生まれた。
アクアラインは平成9年開通以来、神奈川県川崎市と千葉県木更津市を結ぶ夢の水上道路として、特に休日はデートスポットとして賑わっている。




2006年5月19日付け日刊工業新聞に掲載されました。
(著作権者からの転載許可取得済)

記事画像をクリックすると、拡大されます。
20060519 7面


船舶用鋳鋼品
※工場認定取得済みの船級協会についてはこちらをご覧下さい。


[ プロペラボス:KSC42W ]
船尾構造を構成すると共に推進軸及びプロペラを保持する金物。



[ ラダーホーン:KSC42W ]
船尾構造を構成すると共に舵板を保持する金物。



[ アッパーラダーフレーム:KSC42W ]
舵板の上部を構成する金物でラダーホーンの上部軸受で保持される。



[ ロアーラダーフレーム:KSC42W ]
船尾部品を構成する舵板の下部を構成する金物でラダーホーンの下部軸受で保持される。



[ シャフトブラケット:KSC42W ]
2本出しのスクリューを保持する金物。あの有名なタイタニック号には3本のスクリューが使われており、両端2本には、やはりこのようなシャフトブラケットが使われていました。



※これらの部品を使用した船尾構成図はこちらです。




[ かんぬき型制鎖器:SCW410 ]
制鎖器とは、アンカー等をつないだ鎖が係留中に引っ張られるのを止める為の制動装置。



[ 制鎖器用ローラー:SC410 ]
ローラーランクタイプの制鎖器用ローラー。




クラッシャー




[破砕機上部胴体:SC480]



[破砕機下部胴体:SC480]



[ 破砕機 スパイダー:SC480 ]


※これらの部品を使用した装置の略図はこちらをご覧ください。




[ ローラー:SCMn2A ]
ミルの、石炭や石灰石等を粉砕する部分。表面には耐摩耗性のハードフェーシングを行う。



[ ジャーナル軸:SC480 ]
ローラーを本体につなげるジョイント部分。



[ ローラーカバー:SC450 ]
軸受を兼ねた胴体部カバー。


※これらの部品を使用した装置の略図はこちらをご覧ください。


鋳造部品全般

弊社では、10kgから60,000kgまでの重量を得意分野としており、御社のニーズに合わせて柔軟に対応いたします。
また普通鋼、特殊鋼(マンガン鋼、耐熱鋼、耐摩耗鋼等)だけでなく、鋳鉄品(FC、FCD)も承ります。

[ ポンプケーシング:SCMn2A ]
大容量の水を吸い上げるポンプ用ケーシング。

ポンプケーシング

[ 鋼滓鍋:SC450 ]
鋼滓(こうさい:炉で鉄を溶かした場合に上面に浮いてくる酸化鉄などの不純物)を入れる為の鍋。

鋼滓

[ フック:SCMn2A ]
海上クレーン船の起重機用フック。通常のフックは釣針状の片爪であるが、写真は超大型で大荷物を吊り上げる為の爪が4本あるもの。

フック

[ タービンケーシング:SC480:SCPH21 ]
蒸気によるタービン発電用のケーシング。

タービンケーシング

認定船級協会



[ 認定船級協会とは… ]
認定船級協会とは船に係る製品群を規格化し検査する機関です。
NK(日本海事協会)
日本海事協会
LR(ロイド船級協会)
ロイド船級協会
ABS(アメリカ船級協会)
AB船級協会
DNV(ノルウェー船級協会)
ノルウェー船級協会
BV(フランス船級協会)
フランス船級協会
GL(ドイツ船級協会)
ドイツ船級協会
KR(韓国船級協会)
韓国船級協会
CR(中国験船中心・台湾)
中国験船中心
RINA(イタリア船級協会)
イタリア船級協会

上記以外でCCS(中国船級社)、JG(日本海運局)の工場認定も受けております。
↑上段に戻る



ホーム会社情報事業案内鋳造品 /船用部品 /陸用部品 /生産能力/船舶用アンカー/船尾部品/工業用鋳鋼品/認定船級協会/



清本鐵工株式会社ウェブページに掲載されている写真等の情報は、無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。